こんばんは。「お家サロンSincerely」の山下です(o^o^o)

 

先週末、「美Powerプロジェクト」として、宮城県石巻市雄勝町名振に行ってきました。

 

昨年の東北大震災で被災した港町…P1030781

お父さん達は、わかめ漁を再開し、お母さん達は漁網の補修糸で「切れない絆」のミサンガを生活の糧に手作りしています。

「美powerプロジェクト」として、今回、エステや整体やヘアーカットの6名の施術者と、「美power」の想いに賛同してくれた有志の7名のボランティアの方、そして、昨年9月一緒にボランティアに行った「くうちゃん」との14名で、今回、行ってきました(^O^)/

実は、昨年9月にボランティアに行った時、何ヶ所か回ったのですが、私は都合があり、名振には行けなかったのです…。(その時のブログは下側にリンクしてあります!)

でも、残ったくうちゃん達が名振のお母さん達にとても親切にしてもらったと、後から話を聞いて、それから「切れない絆 ミサンガ」のお手伝いをし始めました。

なんどもなんども名振の話を聞き、写真を見て、ミサンガを手にしていると、「あの時残ってお母さん達にエステしてあげたかった」という、自分勝手な想いがどんどん膨らんできたのでした…(^_^;)

そして、今年2月。

これまでの活動の写真展「伝えたい声がある」や、チャリティーライブイベントなどに携わった後、その想いが言葉になったのでした。

「名振のお母さん達に会いたい!行こう!」

私の勝手な想いに賛同してくれた仲間が、今回、ビックリするくらい協力してくれて実現に至りました。

また、応援、協力、またスポンサーの方もたくさん協力して頂き、この場を借りてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

さてさて…石巻市に入り、名振へ向かう途中、大川小学校に献花しに行きました。P1030481

ここからは、私が実際に見たこと感じたことを書いていきます。

ご気分が優れなくなる場合がありますが、ご了承くださいませ。

 

 

 

大川小学校…大きな北上川のすぐそばにあり、多くの児童と教師が犠牲になって、TVなどで報道されていましたよね。

 

亡くなった児童や教師の方々のご冥福を祈って、たくさんのお花が供えられており、鯉のぼりが風にそよそよと揺られている中、辺りはシーンと静まりかえり、私達の歩く足音とポツリポツリと口から出てくる「言葉にできない言葉」だけが響いていました。

P1030479

 

 

 

 

 

 

 

 

大川小学校の周りは、本当に何もなく、津波で大きく捻じ曲がった橋や、駆け上ったら助かっただろう小高い山が、今でも静かにあるだけでした。

後から聞いた話ですが、小学校の奥の方は、未だに水が残っており、瓦礫の撤去すらできない状態だそうです。

少し歩いて見ると、瓦礫に紛れてポツンとある黒い靴…

その近くに、青いマフラー…

男の子が見に付けていたものでしょうか。

 

冷たい津波に体を奪われて、抵抗することすらできなかったんだろうなぁ。

4月の今でも空気は冷たいのに、あの日、寒かっただろうなぁ。

ご両親やご家族の方は、きっとこの靴やマフラーを見つけていると思うんだけど、今でもここに残っているということは…。

私の中で、目の前にあるモノを見ながら、いろんな思いが駆け巡り、その場の空気を全身で感じて涙が止まりませんでした。

 

瓦礫の中に、こうやって「生きていた証」が所々にありました。

 

防ぎようのない天災に対して、憤りを感じながら、

このようなことが二度とないように祈るしかない自分がいます。

 

改めて、犠牲になった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

 

明日につづく…。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

『美Powerプロジェクト❤』~あなたが癒されると被災地の支援になる!~

2011年9月17~20日 「美Powerプロジェクト被災地支援活動」ご報告。

その1その2その3その4その5

 

四国新聞(9月3日)取材記事

山陽新聞(9月1日)取材記事

四国新聞【おり~ぶ通信】に記事として載りました。

 

●被災地に直接届けてくれた方からお便りありました!●

 

「遅くなって済みません。お送り戴いた物資は、この3-4日で全部配りましたよ。
岩手県の釜石から宮古の間の被災者に、直接手渡ししました。
特に、
化粧品セットは、1分も掛からず無くなりました。大人気です。どうも有難う。」
  

今回の震災で被災された皆様のことを思うと、未だ、心が晴れません。

亡くなられた方々のご冥福を祈り、まだ行方不明の方が1日でも早くご家族と会えること、また、被災地の皆様の復興を心より祈っております。

エステティシャンとして、被災地の女性の方へ「メイク品、スキンケア用品などを送ろう!」活動しています!

食べ物も十分でない中、少しでも元気に笑顔になって頂きたいっ!

メイクパワーは女性を笑顔にさせます。

ご自宅にあるメイク品、スキンケア用品、日焼け止めなど、購入約1年以内のものの新品または1~2回使用済でもOK!

是非、ご提供してくださいませ。

 

皆様の善意をお待ちしております。

  

~Sincerely fou you~ 全てはあなたの為に・・・kazu

 

 ♪BeautyUpレターの購読希望やエステのお問い合わせなどは下記まで♪

お家サロンSincerely 

090-8975-2885 

info@ouchisalon-sincerely.com

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

BeautyUpレター 無料で急送しています


『BeautyUpレター』は香川の女性がより若々しくイキイキとして頂けるための美容・健康・癒しニュースレターです。 「知りたいけど雑誌を買ってまでは読まない…」 「教えて欲しいけど、誰に聞けばいいの?」そんなあなたに、楽しく役立つ情報を毎月お届けしています。 大好評のため、今だけ無料で毎月お送りしています。 ご請求方法はBeautyUpレターの詳細 をご覧ください。