こんばんは。「お家サロンSincerely」の山下です☆

 

2011.3.11

東日本大震災から約半年…。

マスコミなどから半年経った映像や情報が届けれています。

 

17~20日の4日間、東北は宮城県に「美Powerプロジェクト」として、支援活動に行ってまいりました。

P1020989

 

台風が不安でしたが、なんとか無事に現地に到着。

様々なところから、被災地の情報が入ってきてましたが、直接行ってみないと分からないことばかりで、全ての計画があってないような感じ…。

 

 

石巻市に入り、高速をずっと走っていると、今回のリーダー山倉建設社長

「右と左、見てごらん」。

P1030098-1

 

 

 

 

 

 

これが、高速道路挟んで右側。

瓦礫(がれき)の山。震災によって、ただ、だだっ広い土地が広がっている。

 

そして、こちらが、高速道路挟んで左側。

P1030096

 

 

 

 

 

 

 

 

震災の被害は全くなく、街並みが広がっています。

こんなに近いところでも、格差が出てきてるのが現状です。

 

同じ「石巻市」でも、普通に過ごしている(そのように見えてるだけかもしれません)地区と

まだまだ復興の兆しが見えないでいる地区の「差」が激しいと感じました。

 

そして、のどかな田んぼ道を走っていると、急に景色がガラッと変わる瞬間があります。

震災の被害の跡が、未だに強く残っている…。

P1030140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車約5台分の高さのある、瓦礫の山。

鉄筋だけが残っている建物、曲がりくねったガードレール、折れた電柱…。

殺伐とした風景。

今は、何もない街並み…ここは、南三陸町の中心部。

P1030144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役場や病院、郵便局などを中心に住宅などもたくさんあった場所。

なんにもない…。

 

震災当初、マスコミで度々放送されていた「防災センター」。

P1030137

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水の力だけで、外階段がこんなに曲がっています。

P1030130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大きな津波が来ているから、避難してください!」と街中にアナウンスをしていた女性、ミキちゃん。

目の前に大きな大きな津波が押し寄せてきているのに、アナウンスをやめない…。

街中に、避難を必死で呼びかけている映像が、何度も何度もTVでながれていました。

 

ミキちゃん…。

実は、今回、私達のお世話をしてくれているアユミちゃんの同級生。

アユミちゃんが語ってくれました。

「ミキちゃんは、入籍して、今年の秋に結婚式を挙げる予定だった。

自分の職務を全うし、犠牲になったミキちゃん。

大きな津波にさらわれて行方不明に…。

最近の台風の影響で、海の中で行方不明だった方々が、舞い戻ってくることがあったそう。

でも、遺体は男女の判別も難しいほどで、身元がわかることはごくごくわずか…。

ミキちゃんの実家は漁師だったので、家の目の前は海。

その家から直線状の海に舞い戻ってきた1人のご遺体。

ミキちゃんと分かったのは、足にしていた旦那様とお揃いのミサンガがあったから…」

 

落ち着いて、淡々と話してくれるアユミちゃんからは、何かを乗り越えた強い優しさを感じました。

 

その防災センターの敷地で、力強く咲いていたヒマワリ。

P1030131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害の…自然の力はすごい!

でも、それ以上に人間って強いなぁと、被災地の方々に直接会って思いました。

何かを乗り越えることは容易ではないけれど、

乗り越えられる強さを人間は持っているのだと感じた一日でした。

 

改めて、震災で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 つづく…。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

『美Powerプロジェクト❤』~あなたが癒されると被災地の支援になる!~

四国新聞【おり~ぶ通信】に記事として載りました。

 

●被災地に直接届けてくれた方からお便りありました!●

 

「遅くなって済みません。お送り戴いた物資は、この3-4日で全部配りましたよ。
岩手県の釜石から宮古の間の被災者に、直接手渡ししました。
特に、
化粧品セットは、1分も掛からず無くなりました。大人気です。どうも有難う。」
  

今回の震災で被災された皆様のことを思うと、未だ、心が晴れません。

亡くなられた方々のご冥福を祈り、まだ行方不明の方が1日でも早くご家族と会えること、また、被災地の皆様の復興を心より祈っております。

エステティシャンとして、被災地の女性の方へ「メイク品、スキンケア用品などを送ろう!」活動しています!

食べ物も十分でない中、少しでも元気に笑顔になって頂きたいっ!

メイクパワーは女性を笑顔にさせます。

ご自宅にあるメイク品、スキンケア用品、日焼け止めなど、購入約1年以内のものの新品または1~2回使用済でもOK!

是非、ご提供してくださいませ。

 

皆様の善意をお待ちしております。

  

~Sincerely fou you~ 全てはあなたの為に・・・kazu

 

 ♪BeautyUpレターの購読希望やエステのお問い合わせなどは下記まで♪

お家サロンSincerely 

090-8975-2885 

info@ouchisalon-sincerely.com

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

BeautyUpレター 無料で急送しています


『BeautyUpレター』は香川の女性がより若々しくイキイキとして頂けるための美容・健康・癒しニュースレターです。 「知りたいけど雑誌を買ってまでは読まない…」 「教えて欲しいけど、誰に聞けばいいの?」そんなあなたに、楽しく役立つ情報を毎月お届けしています。 大好評のため、今だけ無料で毎月お送りしています。 ご請求方法はBeautyUpレターの詳細 をご覧ください。